漢方に大事な証!漢方薬局の証の選定にホッとする!

463641

もし、あなたが持病を持って困っているのなら、
そしてその治療がなかなか上手くいかないのなら
もうすでに色々な手段を試して治癒できるように
とっくにトライしているはずです。

もし、あなたの持病を治すことができ、
また治癒までの時間を短縮できるのであるならば
その方法をとってみたいと考えるのが普通でしょう。

治療法というものは1種類ではないのです。

色々な病院に行ったけどどうにもならなかった
経験がある方こそ試してほしい手法があるのです。

その手法の名前は漢方治療です。

証に合わないから効果が無いのです!!

e7b9c72bde55d2302459460c74510bf7_s

「漢方は効かないよ・・・」

色々な患者さんから聞く言葉ですね。

とても残念に思います。

漢方が効かなければ薬としては意味がありません。

漢方は効かないのではなく、患者個人に対して合わない
漢方を出されているケースが多いのです。

合わない漢方を飲んでも効くはずがありません。

ここで言う「あう!あわない!」とは要は体質のことなのです。

東洋医学で言う「証」という言葉に該当します。

証に合った漢方を見つけられたことにニンマリ!

96c3d8cf42b4a246475c50bda2a01ea9_s

証に合わなければいくら飲んでも
効果が出るはずがありません。

調子が良くならないだけでなく、
無駄に時間を費やしてしまいます。

そもそも漢方は病気で出すものではなく、証に
よるものだということは先ほどお話ししました。

証とはどの臓腑に影響があるのか、表裏感熱虚実
(病が表か裏か、暑いのか寒いのか、体力が弱い
虚なのか、無駄なものがある実なのか)等を
見分けて患者さんの体質を見極めるのです。

証に合えば漢方の効果も
高いと言えるでしょう。

一度は訪れたい!専門家のいる漢方薬局

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

漢方を選ぶときにあなたならどうしていますか?

風邪の引き始めは「葛根湯」、鼻水が出るのなら
「小青龍湯」などをドラッグストアで
選んでいるかもしれませんね。

風邪の引き始めが「葛根湯」、鼻水が
さらさら出るのなら「小青龍湯」、
この考え方は正解かもしれません。

しかし、証を見極めているという
点ではまだ十分とは言えません。

葛根湯なら寒邪の関与の見極め、小青龍湯も
寒邪の関与の見極めをしなければいけません。

他にも色々な要素があって
投薬する薬の種類が決定するのです。

あなたに証が見極められますか?

%e6%bc%a2%e6%96%b9

コメントを残す