漢方の作用の仕方を活用!個人の体質に当てはめました

3a093c99033fb107c6077357a774f405_s

あなたが生理のリズム・月経困難、帯下などで悩み
治療して問題が解決しない場合にはとても
大変な思いをされているかもしれません。

そのような時には漢方を試すと思ったより
早く症状も楽になる可能性があります。

婦人科領域ではホルモン剤などを使用して治療に
あたることがありますが、漢方でも月経などの
問題に取り組んでいくことができます。

現に、婦人科領域の病院では漢方が
頻度高く処方される傾向にあります。

一歩差をつける証で漢方を見分ける方法!

a7530b3fb47e4c0b85fe1d3fa2dbc11e_s

証による分類は他のページでお話ししましたが、ここでも
証により使い分けなければ効果は期待できないのです。

婦人科領域系で使用される漢方はたくさん
ありますが、有名なものを紹介してみたいと思います。

「桂枝茯苓丸」、「加味逍遥散」、「当帰芍薬散」等が
存在しますが、それぞれの特徴を把握して
服用しないと、薬の効果が期待できないのです。

「桂枝茯苓丸」は活血化瘀・緩消癥塊という効能を持ち、
血行を良くする作用が期待できるので生理関連では
血行障害が関与している方に向いています。

「加味逍遥散」は疏肝健脾、化火清熱の効能があり、
肝鬱や血虚を治したり、肝鬱・血虚により生ずる熱を
冷ますので、生理の中でも肝鬱血虚(イライラ)に
関与する方の方剤になります。

生薬の構成により方剤の新しい魅力!!

463641

現代医学の薬は単剤で存在する
ことが圧倒的に多いのです。

例えば、高血圧に高脂血症を合併していれば、降圧剤と
高脂血症の薬を飲んでいる方も甥かもしれません。

その降圧剤も高脂血症の薬も中身の
主薬は人成分ずつで構成されているのです。

では漢方はどうなのでしょうか?

「桂枝茯苓丸」:桂枝、茯苓、牡丹皮、桃仁、芍薬
「加味逍遥散」:柴胡、当帰、芍薬、白朮、茯苓、牡丹皮、山梔子
「当帰芍薬散」:当帰、芍薬、白朮、茯苓、沢瀉、川芎

このように複数の生薬が構成されていることに
より一つの方剤が成り立っているのです。

%e6%bc%a2%e6%96%b9

コメントを残す